徳川家康顕彰四百年を誇る岡崎市にふさわしい、
老舗企業が持つ食の資産を、
小野玉川堂の持つ九十年かけて培った技術で
お菓子にしました。

四社の創業からの年月を足すと
およそ八百年。それだけの重みを背負う味として、
岡崎の食材にこだわりました。
誇りを持って、
一つ一つ丁寧に手作りしています。
ご賞味ください。

 

文政年間創業  宮ザキ園

宮ザキ園

宮ザキ園の創業は江戸時代後期一八二〇年代(文政年間)。

自ら茶の栽培・加工・卸売販売を行なう「産地問屋」として歴史を繋いできました。

「自然のままに」お茶の栽培・加工・販売をしています。

江戸時代初期に当たる正保二年(1645年)に

岡崎城から西に八丁の距離にある八帖町(旧八丁村)で創業。

今も変わらず木桶に二夏二冬かけて八丁味噌を製造しています。

正保二年創業  カクキュー

明治二十三年創業 太田商店

株式会社太田商店は明治二三年(一八九〇年)に

雑穀商として創業。飼料、肥料を販売から始まり、鶏肉、卵などを販売。

生命の循環と自然を強く意識した「食の安全」を追求をしております。